サイバーバース リージョンクラス 015 ステルスバンブルビー

やっぱりステルスついている方がわかりやすいと思うのだけど。


リージョンクラス 015

ダークサイド・ムーンの通常リージョンクラスも残りわずかとなってきたが、ここでバンブルビーが登場。
他のキャラクターが1種しか存在しないのに、バンブルビーが3度目のラインナップというのは、
それだけキャラクター人気があると思っていいのだろう。

今回はダークサイド・ムーンで新規に作り起こしたバンブルビーのリカラー。
ボルトバンブルビーの時と同じように、ステルスが名前の頭についていたが、パッケージバリエーションにより、
のちにただのバンブルビーとなった。そして、画像はヨーロッパ版でステルスのままというのも同じ。
やはり、リカラー商品のために日本未発売。

ステルスバンブルビーという名称は実写映画1作目から存在し、黒と黄色が逆転したカラーリング、
黒い車体に黄色いストライプのカマロのバンブルビーというのが、お約束と言える。
設定ではディセプティコンを欺くために車体を変更したとなっているが、どういう原理で判別しているのか疑問は残る。


ビークルモード

ゴールドのエンブレム。黒い車体に黄色いストライプ。しかし、車体後部はまるごと黄色い。
なんだか前から塗っていって、途中で力尽きたように見える。


前後

後部は成型色が黄色で塗装の黄色との差異が目立つ。
成型色からして黒でよかったと思うのだけど、この中途半端なデザインはなぜだろう。
「そういうデザインです」と言われたらそれまでだが。


比べてみよう

基本は黄色と黒の逆転。ルーフのストライプの幅が微妙の異なる。
車体後部が全て黄色いのは置いといても、リアウインドウの塗装までなくなったのは寂しい。


比べてみよう

実写映画2作目リベンジの時のステルスバンブルビー。そう、こういうのを思い描いていたんだけど…?


トランスフォーム

もちろん同じ。


ステルスバンブルビー

腕が外装と異なって黄色で塗装。手足を黄色くしたかったのだろうか。


前後

腰も塗装され、塗装された面積だけで言ったら、かなり多い方かもしれない。


比べてみよう

こうしてみると、ステルスバンブルビーは上着だけ変えたくらいの違い。
偽装のために外装だけを変えた設定を思うと、これが正しいのかもしれない。


比べてみよう

今回のに見慣れると、リベンジの時は黒すぎてバンブルビーに見えなくなってきそう。


リカラーなんだし武器のひとつでも追加してくれればと思うのは甘い?

左手に武器を所持。


今日はこれまで
黄色い部分が多いためか、比較的バンブルビーらしさが残ったステルスバンブルビー。
それはそれで、今までのステルスバンブルビーらしさがなくなるのだけど。
あ、だからステルスの名前が消えたのか(関係ない)


次回「サイバーバース リージョンクラス 016 サウンドウェーブ」

リージョンクラス、通常ランナップのラスト!


リストへ