サイバーバース コマンダークラス 008 バトルスチールオプティマスプライム

この武器でよりオプティマスは完璧へ。


コマンダークラス 008(CVC-020)

オプティマスプライムが装備を変更して再ラインナップ。劇中でも使用していた銃と剣を装備。
オプティマス自身のカラーリングも変更されているが、何かを意図している訳ではない。たぶん。

仕様変更商品だが、珍しく日本でも発売された。
付属のメックテックカードでは「オプティマスプライム(ブラスター装備)」となっている。
イラストでブラスターを肩に装備しており、手に持たなかったり、剣について触れていないのは、
手持ち武器は他のメックテックカードを装備できるようにの配慮なのだろう。


ビークルモード

ざっくり上半分が赤、下半分が青。暗めの配色。


積荷

後部に武器を折り畳んで積んでいる。別にその武器で武装している訳でもなく、
何かデザインを意識しているという事もなく、本当に武器を重ねているだけである。


アッタクウェポン

武器を取り外すことなく変形。
前に向けられたブラスターに、横に伸ばしたブレード。これはこのまま突撃する攻撃的なアレだろうか。
武器を持っているからには全て使い切る。その心意気。


比べてみよう

シルバー部分が明るくなったものの、特徴の炎のマーキングもなくなり、シンプルで落ち着いた感じに。


バトルスチール オプティマスプライム

上半身が赤く、下半身が青いというビークルと同じようなイメージ。
G1カラーのような気もするけど、元の色が暗かったり、黒い部分も多いため特にそう見えない。


前後

特にこれといってなく。


比べてみよう

全体的に赤と青が逆転したような。


本命

オプティマス本体の劇中イメージとも異なる色よりも、こっちの武器が需要あるのではなかろうか。


ソードの方

トイでは影も形もなかったのに映画1作目の本編で突然出て来た剣ももうお馴染み。
腕から出て来る剣もサイバーバースでは手持ち武器となった訳だけど、やはり向きが気になる。
この向きで剣を振り下ろすポーズをしたところで、刃に当たらない。


ごまかし

剣は拳の下側からさして持たせた方が腕から伸びているように見える…と思う。
それでも刃の向きはどうにもならないのが悔しい 。


ブラスターの方

ビークルモードの時に広げてセットされた銃。この状態のままクリップ接続しようと思えどできなかった。
使いどころか難しい。特に人型だと。


分離

先の状態のままでは使いにくいので、2丁へ分離。


安定のブラスター

剣に続いて劇中でおなじみの銃。前のジェットウイングに付属した銃は劇中では未登場のため、
このオプティマス(の武器)のありがたさがわかるというもの。


合体した状態で

分離しないで持たせることも当然できるけど、やっぱりデザインがうーんって感じ。


という訳でフル装備

劇中では腕からの武器でも、ジョイントあればどこでもつけられる遊び。


今日はこれまで
ジェットウイングにあって、普段ならありそうな通常武器が付属となったバトルスチール。
ソードもブラスターも両方ついて組み合わせも色々とできる嬉しい仕様。
どうせなら本体の方もマスクオフとかにしてくれたら嬉しかったのだけど、そこは贅沢だろうか。
でもマスクオフされてこの色でもちょっとひっかかるし、悩ましい。


次回「サイバーバース コマンダークラス 009 ガズル」

なぜあなた。


リストへ